罰金や懲役も?誹謗中傷は立派な犯罪だって知ってた?

誹謗中傷は犯罪?

誹謗中傷は犯罪?

表現の自由が保証されている国である限り、それがネット上の意見であっても安易に規制されるべきではありません。

しかし、表現の自由に加えて、匿名性が強く守られることから、ネット上では誹謗中傷を目的とする書き込みが絶えません。匿名性が守られるということで、意図的に誹謗中傷を行う人も少なくありません。

ネット上であっても、現実世界と同じく特に悪質な誹謗中傷は犯罪に該当することがあります。たとえば刑法の230条に規定される名誉毀損罪、同法231条に規定される侮辱罪などが挙げられ、これらに該当すると刑事上の責任を負うことがあります。

また、刑法以外にもプライバシーの侵害などに該当すれば、民事上の責任を負うこともあります。

ネット上の誹謗中傷で相手を逮捕する事は可能?

ネット上の誹謗中傷で相手を逮捕する事は可能?

結論からいくと「逮捕する事は可能」です。誹謗中傷に対する刑罰については「刑法230条 名誉毀損罪」が該当します。

内容を簡単にまとめると「公に対し、事実であろうがなかろうが、人の社会的名誉を毀損した場合には罰する」といったものです。

これは親告罪といって、被害者側が警察側に告訴した場合にやっと事件となるものです。しかし、誹謗中傷による逮捕事例は決して多いとは言えません。

というのも「社会的名誉を傷つけられた」といった場合にのみに法律が適用されるのですが、ただ「自尊心を傷つけられた」といったものでは法律には該当しないため、警察は動く事ができません。

法律にも該当し、警察が受理すると、裁判所がインターネットのサーバーに対してプロバイダの開示令を出し、そこから犯人を特定。逮捕となります。

警察に行く際には、自分と名誉毀損をしてきた相手とのやり取りや、相手の書き込みなどを資料として持っていくと良いです。

どの様な誹謗中傷なら犯罪にはならない?

どの様な誹謗中傷なら犯罪にはならない?

喧嘩をしたり妬んだりして、誰かが誰かを誹謗中傷するとき、それが犯罪として成立するのかという判断基準は、どのような罪に問われるのかということによって事なります。

誹謗中傷の中で侮辱罪の場合には根拠のない悪口を公然と行った時に罪に問われるもので、名誉毀損は根拠を提示して他人の社会的な評価を損なうような悪口をした時に罪に問われます。

つまり、不特定多数、あるいは多数の人がいるところで悪口を言ったり、ネット上の書き込みをしたときには、犯罪行為だと判断されるのです。

では一対一の状態で悪口を言ったときには、公然と誹謗中傷を行ったわけではないので、犯罪にはなりません。ただし、一対一の状態でも、悪口を言われた相手が傷ついたと、精神的苦痛を感じたということで、慰謝料を請求してくる可能性はあります。