誹謗中傷ってよく聞くけれど、一体どんなことを指すの?

誹謗中傷とは一体何?

誹謗中傷とは一体何?

誹謗中傷の定義は、あたかも事実として根も葉もないウソを世間に言いふらし対象の人物を傷付ける事です。そして、現代で良くある事が、本当は違うのに、まるで本当の事を偽ってネット上で悪口を晒します。

そして、共感してくれる仲間と更に批判をして、自分の欲求を満たします。つまり、ネット上でしか誹謗中傷が出来ない人に限ってそのような悪意ある行為をするのです。

ネット上であろうが誹謗中傷はプライバシーに関わる犯罪です。近年では、誹謗中傷を受けた学生が、中傷の件で気に病んでしまって、自殺をしてしまうという事件もニュースで取り上げられています。

それほど人の心に大きな傷を作る行為です。その為ネット上の中傷であっても、社会問題の渦中において立派な犯罪です。

誹謗中傷はどこで起こりやすい?

誹謗中傷はどこで起こりやすい?

誹謗中傷を行う人というのは面と向かって人に本心を伝えることができない人が多い傾向にあります。本当は本人に言いたいけれど言うことができないというストレスをネットという顔が見えない場でさらけ出すのです。

誹謗中傷のターゲットとなりやすいのは芸能人ですが、それだけではなく身近にいる友達や学校の先生などもターゲットになることがあります。

誹謗中傷はただ書き込みをするというだけでストレス発散になる人もいれば、同じように共感を得たいという気持ちから書き込みを行う人とその目的も人によって様々です。

しかし共通して言えるのが書き込みを行う場なネットが中心だということです。多くの人の目に触れる、更には顔の特定ができないというようなことを考えるとネットというのは非常に好都合なのです。

誹謗中傷と悪口の違い

誹謗中傷と悪口の違い

誹謗中傷と悪口は全く違います。日常生活の中で考えられる悪口というのは、対象に対する事実を口にすることが一般的です。相手の悪い部分を告げ口するから悪口なのであって、事実でないことを言うのは悪口ではありません。

反対に、無い事を含めて相手を罵倒することを誹謗中傷と言います。誹謗中傷は、特定の対象への悪評を不特定多数の人間に対して行うことを含んでいますので、その対象が企業であった場合には当然営業妨害などの法律的なトラブルも発生する可能性があります。

誹謗中傷は、対象に対する攻撃的な側面が非常に強いので、度が過ぎると犯罪行為に該当する恐れがあります。そのため、この二つの意味合いは客観的にも異なると判断できます。