もし、自分が誹謗中傷をされてしまったらどう対処するべき?

誹謗中傷をされたら先ずを何をすべき?

誹謗中傷をされたら先ずを何をすべき?

インターネット上ではさまざまな意見に対して誹謗中傷されることがあります。自分がコメントしたことにより、その被害に遭う可能性もあるため、そのような状況に巻き込まれた場合にはしっかりと対処していくことが大切です。

第一にすることは、利用しているサイトなどで誹謗中傷された際には、サイトの管理者に連絡をして削除依頼を出しましょう。誹謗中傷のコメントを削除してくれることにより状況的に場が収まることもあるため冷静に対処することが重要です。

誹謗中傷してくる相手に対してコメントで反応を返すなどすると、余計な刺激となり相手がさらに誹謗中傷してくる可能性が高くなります。

そのため、相手を刺激しないことも大切です。削除依頼でも状況が収まらない場合には状況によって弁護士などに頼るというのも対処法の一つといえます。

誹謗中傷されたら警察と弁護士に通報?

誹謗中傷されたら警察と弁護士に通報?

インターネット上で誹謗中傷を受けてしまうと、動揺したり、感情的になってしまうものです。仕返しをしたくなる気持ちが生じるかもしれませんが、そこは冷静に対処する必要があります。

そして、対処法としては警察に相談することや、サイトの管理者やプロバイダに削除依頼を行うことが基本的な考え方となります。

警察への相談は、各都道府県の警察本部のサイバー犯罪対策室に相談するのが基本です。一方、サイトの管理者やプロバイダに削除依頼については、大規模な掲示板の場合は対処が遅いケースも少なくありません。

確実な対処を期待するのであれば、弁護士の利用がおすすめです。書き込み削除の請求から犯人の特定、訴訟まであらゆる対応を代理してもらうことができます。

費用がかかるデメリットはありますが、悪質な書き込みに対する名誉回復には弁護士への依頼が最も適しています。

誹謗中傷削除の業者はどんな所を選ぶべき?

誹謗中傷削除の業者はどんな所を選ぶべき?

誹謗中傷を受けた時には、警察や弁護士に依頼するのがメジャーな方法です。しかし、最近では誹謗中傷に対応する専門業者が増えており、注目を集めています。

このような業者を利用するメリットは、迅速な対応が期待できる点と、削除以外の方法にも対応しているところも見られる点です。

業者選びのポイントとなるのは、対応力と提案力となります。対応力の面では、親身な相談が行われているかどうかと、解決までの平均的な時間を探ることがポイントとなるでしょう。

一方、提案力の面では、悪質なサイトを検索エンジンに優先表示させない逆SEO対策や、誹謗中傷を監視するサービスといった多彩な対応を行う業者を選ぶと良いでしょう。

このような業者を選ぶことで、臨時的な措置や再発の防止にも対応してもらうことができるのです。